Thank you カウンタ Hits.

ご挨拶

団長挨拶

新入生のみなさん、こんにちは!2018年度団長の矢吹凌一です。

歌うのは好きですか?普段の生活で歌うのは何気なくCM曲を口ずさむことだけだったり、あるいは、カラオケが大好きだったり、大学入学以前から合唱をしていたり...いろいろな人がいると思います。ユリゼンの団員は多様で、高校時代にコンクールに出ていたという人もいれば、楽譜が全く読めない状態で入団した人もいます。バックグラウンドが様々あっても、歌うことが好きな団員が集まって練習し、楽しく歌える場所を創っています。

ユリゼンのサークルとしての歴史は長く、毎年行われている定期演奏会は今年で58回目を迎えます。OBOGが練習に遊びに来て一緒に歌うこともよくあります。そんなOBOGがよく口に出すのは「久しぶりに歌って楽しかった」という言葉。大学を卒業してもまた来たくなるほど、楽しく、アットホームな雰囲気がユリゼンにはあります。

僕自身は、高校時代には化学部に所属しており、合唱の経験はほとんどありませんでした。でも、高校の授業や行事で合唱をやり、楽しかったのでユリゼンに入りました。

音楽を楽しみたいみなさん、楽しく歌いたいみなさん、ぜひ、ユリゼンに足を運んでみてください。そして、一緒に楽しく歌いましょう!団員一同、心よりお待ちしています!

 

学生指揮者挨拶

新入生の皆さま、初めまして!2018年度学生指揮者(学指揮)の角田侑子です。学指揮の役割は普段の練習をまとめること。新歓合唱祭などのステージではその名の通り指揮を担当します。

数ある東京大学の合唱団の中でも、ユリゼンで歌われる曲は本当に様々です。この自由さは、色々なバックグラウンドを持ち、合唱に限らない色々な形で音楽に触れてきた団員が集まるユリゼンならでは。

練習では、団員それぞれが自分の得意な/好きな分野を生かして積極的にアドバイスし合い、一つひとつの曲に真剣に取り組んでいます。指揮者にとって、そしてもちろん歌い手にとって、歌声が一つに溶け合いホールに響く瞬間の喜びは何にも代えがたいものです。規模としてはコンパクトな合唱団だからこそ、自分がハーモニーの一部を担っていることをより確かに感じられます。そんな体験ができるなんて、とても素敵なことだと思いませんか?

少しでも興味が湧いたなら、ぜひ体験練習や新歓合唱祭にいらしてみてください。そしてここユリゼンで、私たちと一緒に楽しく音楽をつくっていきましょう!皆さまにお会いできるのを楽しみにしています♪